iPad雑感

Appleが2010年1月27日に発表したiPadをみたとき、正直がっかりしたのは僕だけではないはず。

iPadの仕様は本家Appleサイトで確認してください。

なぜがっかりしたのか、考えてみました。

  • MacOSXでない
  • iPhoneを大きくしただけ
  • 媒体デザインに斬新感がない。
  • アプリとアプリの余白がありすぎて違和感(iPhone慣れ?)

自分の予想としてはMacBookのタブレット版だと思ってただけに、iPhoneのお化けみたいな面構えには落胆しちゃいました^^; あらら、なんだこれは、と。

だけど、ちょ、ちょっと待てよ。よく考えたらこれはやはりAppleらしいEvolutionaryなProductなんじゃないか??

  • 一般的なPCより軽く、薄い。
  • 連続10時間使えるバッテリー。
  • 触れるだけの簡単操作
  • 程よい大きさのディスプレイ。
  • iBookで電子書籍を読める。(日本でのサービスはあるかどうか分からないっぽい。
  • iPhoneアプリが動く!

今回のAppleはターゲットを変えてきたんじゃないだろうか。もっと的確に言うと、ターゲットを拡大してお茶の間、ソファーに座っている人まで巻き込むような感じがするよね。う~ん、うまく言えないけど。

言葉を変えると、「今まであまりPCを使っていない人」達に向けた商品なんじゃないだろうか。いつでもMacBookProを持ち歩いちゃう人にはあまりいらない子、じゃないだろうか。

画面が大きいiPadでのメールチェックの様子やカレンダー書き込み、ソフトウェアキーボードによる文字入力に関して、iPhoneの数倍楽に見えた。また、写真の管理やプレゼンテーションも簡単にできるし、Webページもいちいち拡大しなくても読める。

ちょっとした調べ物やメール作成のようなiPhoneじゃ面倒だけど、MacBookを使うまでもない、という隙間需要にフィットすると思う。だからMacOSXではなくてiPhoneOSを載せてきたんだろうなー。

iPadがある生活を想像してみた。

  1. お腹が空く。
  2. iPadで「家庭 おいしい 料理」などと検索。
  3. CookPadやSafariで料理レシピを検索。
  4. 台所のDockに立てて、レシピを見ながら料理。

なんて使い方が簡単に想像できる! 他には

  • Twitter流し放題、RSS流し放題(セカンドモニタ的な役割
  • フォトフレーム
  • 読書
  • などなど

やばい、これは欲しくなってきた。新型iPhoneやMacBookPro購入予定もあるので、発売までじっくり吟味したいと思います!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. […] 2月にがっかりしたとか書いたにも関わらず、先行注文しちゃいました。モデルはiPad with Wi-Fi 64GBです。 […]