■Macアプリケーションとグラフィックス切り替えについて (gfxCardStatusの紹介も兼ねて)

2015年6月3日

MacBookのバッテリー、減るの早くなっていませんか?今回は使用するアプリケーションによるグラフィックの切り替えについて、簡単な調査を行いましたので公開致します。

注意:本検証はAC電源を接続した状態でのデータとなります。(公開してから気付きました・・・アホや・・・

バッテリー駆動中にAC電源にてディスクリート型GPUに切り替わったアプリに付いて再検証しました。

その結果、iPhoneシミュレータは常時ディスクリート型GPUを使用することが判明したため、バッテリー使用時には必要最低限の起動がバッテリー節約につながる可能性があります

自分に取って大事なことだったのでつい大きな字+赤字にw

さて、検証した背景と結果を示します。

【背景】

現在販売されているMacのほとんどは、Intel Core iシリーズに内蔵されているIntelHDグラフィックスとディスクリート(CPUとは別の独立した)GPUに分かれており、負荷に応じて自動的に切り替わる仕組みになっています。使用時の消費電力は後者の方が高く、バッテリーでの駆動時間へ影響を与えていることが知られています。

消費電力の具体的な数値として、例えばMacBook Pro Retina 15 inch (Mid 2012)廉価版モデルに搭載されているCorei7-3610QMのTDPは45W、GT 650MのTDPも45Wということで、ディスクリートGPUを使用した場合、90Wになります。(合ってます?)

よって、バッテリーを長く持たせるにはIntelHDグラフィックスをメインに使用することがバッテリーの節約につながると思われるが、アプリケーションのなかにはディスクリート型のGPUが必須なものもあるため、どのアプリがGPUの切り替えを必須とするか検証を行うこととした。

 【gfxCardStatus】(MacOSX用アプリ。無料)

現在使用しているGPUがどちらか、どちらにするか切り替えが可能なソフトウェアgfxCardStatusにて下記のアプリに対し、使用GPUの調査を行いました。

※gfxCardStatusはグラフィックが切り替わるごとにローカル通知にてどちらのGPUを使用しているかを教えてくれる機能も有りますので、この機能を使い検証を行いました。

IntelHD4000に切り替え時 GeForce GT 650Mへ切り替え時
IntelHD4000 GT 650M

【目的】

起動時にIntelHDグラフィックスからディスクリート型GPUに切り替わるアプリケーションを検証する。

【方法】

gfxCardStatusを起動した状態でアプリを起動し、使用GPUを調査する。

【結果】

下記に記す。●はディスクリート型に切り替わったアプリを示す。

アプリ名 AC
使用時
バッテリー
駆動時
アプリ名 AC
使用時
バッテリー
駆動時
1Password Image Capture
Adobe JustSystems
Acrobat X Pro Launchpad
Acrobat XI Pro LiVE for WebLiFE
After Effects CS6 Line
Application Manager △※1 △※1 Mail
Bridge CS6 MainStage
Creative Cloud Connection Messages
Dreamweaver CS6 Microsoft Office 2008
Extension Manager CS6 Microsoft Silverlight
Fireworks CS6 Minutes
Illustrator CS6 Mission Control
InDesign CS6 Nike+ Connect
Media Encoder CS6 Notes
Muse OmniFocus
Photoshop CS6 OmniFocus.localized
Photoshop Lightroom 4 OmniOutliner
Aperture OnyX
App Store PaintCode
AppViz 2 Parallels Desktop 7
Automator Photo Booth
BiND for WebLiFE 4 Preview
BiND for WebLiFE 6 QuickTime Player
BookReaderLite Reminders
Cache Out X Safari
Calculator ScanSnap
Calendar SetResX
Chess Skitch
Cocoa Browser Air Skype
Contacts Sophos Anti-Virus
CotEditor Sophos Remove
DPS App Builder SourceTree
DVD Player Stickies
Dashboard System Preferences
DataFileConverter Templates for iBooks Author Free
Desktop Calendar Plus TextEdit
Dictionary The Unarchiver
Disk Inventory X Time Machine
Dropbox Tower
Echofon Lite XCodeTools
Evernote Xcode
FaceTime YoruFukurou
Firefox backupList+
Font Book iPhone Simulator
FreeMemory gfxCardStatus
Game Center iBooks Author
GarageBand iMovie
GoPro CineForm Studio iTunes
Google Chrome iWork ’09 ●※2 ●※2
Google SketchUp 8 inSSIDer

△:起動時に切り替わるが、起動後はIntelHDグラフィックに再度切り替わった。

※1:アプリケーションのインストール時もしくはアップデート適応時にディスクリート型GPUに切り替わることがあるかも。

※2:Keynoteのみ。

【考察】

MacBook Pro Retina 15 inch (Mid 2012)において、写真や動画を主に取り扱うアプリケーションはディスクリート型GPUへの切り替えを行っている傾向がある。よってこれらのアプリケーションの不必要な起動(起動しっぱなしなど)を控えることは、バッテリーの節約につながると考えられる。

しかしながら、上記に該当するアプリケーションは、MacBook Airなどのディスクリート型GPUを持たない機種での動作も確認されており、ディスクリート型GPUはアプリケーションの動作に必須ではないと考えられる。よって、ディスクリート型GPU搭載型のMacにのみ本検討が適応できると思われる。

ACアダプター接続中に検証を行ったため、本データは全く役に立たないことが判明した。

バッテリー駆動中にACでGPU切り替えが起こったアプリに対し、再度検証を行ったとろ、全てのアプリケーションにおいてGPU切り替えが起こっていたため、これらのアプリケーションは現在の電源状態に関係なくGPU切り替えを行っていると考えられる。

 

【結論】

gfxCardStatusをMacにインストールし、常時GPUの状態を把握し、不必要にディスクリート型GPUを使用しないことは、バッテリーの節約に有効な手段の一つである可能性があるため、バッテリー駆動時間をよりのばしたい人は、gfxCardStatusの導入を推奨する。

 

 【備考】

実際にGPU切り替えによるバッテリー消費状況は調査していないが、Apple公式に省エネルギー設定項目にて「自動切り替えを無効にすると、(ry」のように消費電力が高くなる可能性を示唆している。
IntelGPU D-GPU

 

間違ってるとか、何かご指摘ございましたら遠慮せずに突っ込んでくださいね!

Apple, Mac

Posted by guttyo