■MacOSX 10.11 El Capitanでディスクのアクセス権を修復する方法

MacOSX 10.11からのディスクユーティリティからは『アクセス権の検証』及び『アクセス権の修復』ボタンが削除され、First Aidのみとなりました。では、アクセス権の検証や修復を行うためにはどうしたらよいか。実は、何もしなくて良くなりました。システムが自動的にアクセス権を修復してくれるようです。Apple.comのサポートページに下記の記載があります。

Beginning with OS X El Capitan, system file permissions are automatically protected. It’s no longer necessary to verify or repair permissions with Disk Utility.
(和訳:OS X El Capitanからはファイルアクセス権の修復は自動的に守られます。ディスクユーティリティにてアクセス権の検証及び修復を行う必要はもうありません。)

Repair disk permissions with Disk Utility

このようにメンテナンスフリーになっていくのは正しい進化でしょうね。今後はMacの調子が悪い時にはまずは再起動を行うこと、そしてFirstAidを行うことと、セーフモードで起動することで様々なキャッシュファイルを消去すること、PRAMリセットやSMCリセットを行うことくらいしでしょうか。メンテナンス用のOnyXなどのソフトウェアを使うとある程度楽だと思います。

Apple, Mac, Tips

Posted by Guttyo