新しい動画作成アプリClips(クリップス)の価格と対応機種について

clips

こんにちは@guttyoです。

2017年3月21日Appleが新感覚の動画作成アプリを発表しました。

簡単なステップでSNSへ拡散できる動画を作ることができるようです。

Clipsの新感覚ポイント

その瞬間を捉えよう。

シンプルな操作でその場で動画撮影、ライブラリからのビデオクリップ選択をすることができるようになるようです。

話すだけで、文字になる。

これはすごいポイントだと思いました。

Clipsの中で「ライブタイトル」を使うと、撮影中に話すだけでアニメーションされた文字列が動画に簡単に挿入することができる機能のようです。36ヶ国語に対応しており、もちろん日本語も対応しているようです。

声と同時にタイミングよく表示されるようですので違和感がないのではないでしょうか。

派手に行こう。

写真アプリやインスタグラムなどのアプリのように、ビデオにも色味を変えるフィルタをかけることができるようです。

また、ワンポイントの絵文字や吹き出し、矢印なども簡単にビデオに乗せることができるようですね。

音楽はビデオの長さに合わせて自動的に挿入することもできるようです。

よりスマートにシェアしよう。

クリップス(Clips)はビデオに映っている人を認識するようです。

その人物認識結果に基づき、そのビデオを見せる相手をオススメしてくれるみたいですね。

オススメされた名前をタップするだけで、メッセージアプリケーションを通じてその人にビデオを送信することができるようです。

また、Twitter、Instagram、Facebook、YouTubeへの投稿も簡単にできるようですね。

iOS開発者視点からClipsをみる

シンプルなUIが気になります。

このクリップス(Clips)はその登場以降、他のビデオや写真を扱うアプリケーションの参考とされる可能性がありますね。

価格と対応機種について

価格は無料のようです。

Clipsの対応機種は下記のようになります。

  • iPhone 5s以降
  • iPad Pro
  • iPad(第5世代)
  • iPad Air以降
  • iPad mini 2以降
  • iPod touch(第6世代)

iOS 10.3以降が必要です。

まとめ

従来の動画編集アプリは多くの機能があるためにUIも複雑になる傾向がありました。

クリップス(Clips)がどのようにそこを合理化していくのか、とても気になります。

早く使ってみたいです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

フォローする