ビットコイン(Bitcoin)の財布(ウォレット)を知ろう!【初心者でもわかる仮想通貨事始め】

ビットコインウォレットの種類紹介

こんにちは。前回の記事ではビットコインに関してざっとした概要と入手方法を書きました。購入したビットコインをビットコイン取引所に置いておくのはハッキング対象担っているためあまり安全とは言えませんし、不便なのでビットコインの財布であるビットコインウォレット(Bitcoin wallet)を自分用に作り、そこで保管しておくのがよいでしょう。

携帯電話上にウォレットを作ったりお手持ちのパソコン上に作ることも可能です。では、見ていきましょう。

ビットコインウォレットとはなんぞや

ビットコインウォレット(Bitcoin wallet)とはビットコインを保管している財布です(和訳そのままですね(笑))

円やドルのような実際に触ることのできるお金は、当たり前のようにお財布に入れて使っていると思います。仮想通貨であるビットコイン(Bitcoin)はそのお財布もデジタルで、ビットコイン専用の財布があります。他の仮想通貨にはその仮想通貨専用の財布があります。DashにはDashウォレット、MoneroにはMoneroウォレット、ZcashにはZcashウォレットといったように、一つの仮想通貨に一つずつ専用のお財布があります。

ビットコインウォレットの種類

ビットコインウォレットには「ウェブウォレット」「モバイルウォレット」「デスクトップウォレット」「ハードウェアウォレット」「ペーパーウォレット」といった5種類のウォレットがあります。それぞれの特徴を表にまとめてみました。

ビットコインウォレットの比較(◎>◯>△)
種類 導入のしやすさ 安全性 利便性 オススメの使用目的  管理場所
ウェブウォレット 少額 普段使い用 オンライン
デスクトップウォレット 中〜高額 普段使い用 オフライン
モバイルウォレット 少額 普段使い用 オン+オフライン
ハードウェアウォレット 中〜高額 普段使い・貯蓄用 オフライン
ペーパーウォレット 貯蓄用 オフライン

オンラインのビットコインウォレットセキュリティについて

ビットコインウォレットにはインターネット上に置いておくオンラインのウォエブウォレット、それと提携したモバイルウォレットがあります。ウェブ上に置いておくため、ユーザー名とパスワードが解析されてしまえばウォレットの中に入っているビットコインは盗まれてしまいます。

よってオンラインのビットコインウォレットで高額の ビットコインを貯蓄しておくのは避けたほうがよいと考えます。

2段階認証も設定するなどして普段使いの少額を使うことをお勧めします。

個人情報だけではなく、暗号通貨、仮想通貨と行った電子的な有価物の盗難防止対策に2段階認証は有用です。その対応アプリと、インストールした端末を紛失した場合に備えた対処法を紹介します。

高額なビットコインを資産として貯蓄する場合、ネットから切り離したパソコン上や専用のハードウェアウォレット、ペーパーウォレットのオフラインウォレットを使用するのがよいでしょう。

ビットコインのウォレットについて、公式ページで紹介されています。正しい知識をつけておきましょうね。

まとめ

ビットコインウォレットには様々な種類があり、それぞれにメリットとデメリットがあります。

普段使用するお財布に貯金の全額を入れておきませんよね?

私は大きな額の貯蓄ようにはペーパーウォレットかハードウォレットといったオフラインの財布を使います。通常使うような少額であれば、モバイルウォレットかウェブウォレットで使っています。

ビットコインウォレットも使用目的に応じて切り替えていくとよいのではないでしょうか。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

フォローする