■【衝撃レシピ】北海道限定『焼きそば弁当』が生麺食感に!

お湯を入れて数分待つだけで調理とすら言えないほど楽ちんなカップ麺の調理ですが、一手間を加えるだけでとても美味しくなることが分かりました!それは『お湯を入れてから電子レンジで加熱する』だけ。どん兵衛の食感が生麺になったという記事を読んで、さっそく焼きそば弁当で試してみましたので報告します。どん兵衛の記事はこのブログの最後にリンクしていますので、ご興味あればどうぞ!

さて、『焼きそば弁当』ってご存じでしょうか。北海道民のソウルフード?とも呼ばれるカップ焼きそばで、関東でいう『ペヤング』と言ったところですかね?焼きそば弁当はペヤングとは異なり、お湯を捨てずにスープにすることが出来るスープの素が入っているのが素敵です。スープの元は野菜炒めや野菜スープの素にするなど、様々な料理にも使うことが出来るので重宝するので、スープを飲まなくてもスープの素は捨てずに取っている家庭も多いのではないでしょうか。それではちょっとした一手間を加え、生麺食感の焼きそば弁当を作っていきましょう!

用意する物

焼きそば弁当 かやくは麺の下に。

『かやく』は麺の下に入れていますが、今回はふたを剥離しているので意味がありませんでした。。普通に調理するときには蓋の裏に付かないように麺の下に入れましょう!(みんなやってるよね?)

お湯

お湯の量はいつも通りで大丈夫です。だーっと入れていきましょう。

ラップで蓋

ラップで蓋をし3分のカウントダウン開始です。

IMG_5778

すぐさま電子レンジに入れてお好みの強度で2分ほど加熱して取り出します。

スープを温める

残りの1分程度で液体ソースを温めます。このようにカップが変形しますので、お湯の量は通常よりも多く入れない方が良いでしょう。

湯切り

あとはそのお湯で「中華スープの素」をカップで溶かし、液体ソースをかけてかき混ぜ、青のりをかければ焼きそば弁当の完成!

生麺感覚の焼きそば弁当

超〜美味い。

これ、めっちゃ美味いです。麺の歯ごたえ、存在感がしっかりしてます。うん。生麺っぽい。生麺のような食感になる原因ですが、おそらく電子レンジで加熱したことにより、お湯の温度が通常よりも高温の状態が継続した結果、乾燥麺の芯にまで急速に水分が到達し軟化したことが原因でしょうね。まあ、理屈はどうでも良いのでこのような一手間を加えるだけで美味しくなるよと言うことでした。

ペヤングでも出来ると思います。ぜひお試しあれ!

参考にした記事はこちら。

【衝撃レシピ】どん兵衛をレンジで加熱するとほぼ生麺になる! モッチモチのツ〜ルツルでマジ凄い!! 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

スポンサーリンク

フォローする