Google Analyticsの直帰率が0%になった時に確認すること

Google Analyticsで直帰率が0%となったときに見直すこと。

Google Analyticsのデータを見ていたとき、ある日付より直帰率が0%になっていました。100%の人が他のページを見て行ってくれることはとうていあり得ないので、思い調査したところ、Google Analyticsのトラッキングコードが2重に出力されていることが判明しました。

直帰率が0%に

WordPress内のGoogle Analytics関連設定を見直そう

私の場合はSimplicityというテーマ内での設定とGoogle Analytics Dashboard for WPというプラグインでの設定が重複していました。日付から原因を追うと、Google Analytics Dashboard for WPをインストールしていました。これは怪しい!!ということでソースを見たところコードの重複が判明。このプラグインは自動的に全ページへのコードの挿入を行うことを忘れていました。

Simplicity内の設定を削除したところ、直帰率のデータを取得し始めました。

直帰率以外のデータの信憑性はいかに・・・。

Google Analyticsコードの重複

上がSimplicityで出力されるコードで、下がGoogle Analytics Dashboard for WPかラ出力されるコードです。Simplicityはログインしているユーザー向けにはGoogle Analyticsコードを出力しないように作られているので発見するのに時間をかけてしまいました。

Simplicityを使っているかたは一度WordPressの管理画面からログアウトし、サイトのソースを表示してみてください。

まとめ

Google Analyticsに限らず、様々なプラグインや高機能のテーマを用いると設定が重複してしまうことがあるかと思います。きちんと検証してサーバーでのタスクや時間の無駄を無くしていきたいところです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

フォローする