MacOSX 10.8 MountainLion からはソフトウェアをインストールする際に、そのソフトウェアの発行元を検証し、信頼された証明証のないアプリケーションの意図しないインストールを拒むGatekeeperという機能が備わっています。

Gatekeeperによりインストールが拒否される

よって、Mac App Store およびAppleにより確認された開発元以外のソフトウェアインストールははじかれることになります。その回避策として、環境設定中のセキュリティ項目を「すべてのソフトウェアのインストールを許可する」にする方法もありますが、Gatekeeperをオフにするのは好ましいことでは無いと思います。

セキュリティオプション

 

救済方法として、インストーラーパッケージを「control」キーを押しながら「開く」を選択すると、個別に許可を与えインストールが出来ますので、そちらをおすすめしたいと思います。

controlを押しながら開く

個別に許可を与え、インストールが出来る

 

せっかくのGatekeeperですので、使わない手はないですよね。

ところで、BiND6を買ってみたのですが、なかなか良いですね。LiVE連携がとても楽しげです。

 

コメントを残す

Macの関連記事
  • MacTips
    Macのスクリーンショットに影をつけない2つの方法
  • マウスカーソル付きでスクリーンショットが撮れるグラブの紹介
    マウスカーソルも含めてスクリーンショットを撮る方法 (Mac)
  • ■Mac OSX 10.11El CapitanからのCocoaPods復活使用法
  • ■Macbook Pro Retina Displayコーティング剥がれ|後編
  • ■MacOSX 10.11 El Capitanでディスクのアクセス権を修復する方法
  • Macをセーフモードで起動してキャッシュファイルを消去する方法

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
話題
2月にがっかりしたとか書いたにも関わらず、先行注文しちゃいました。モデルはiPad with Wi-Fi 64GBです。 モバイル時の通信に...
■「調剤電卓」Ver 1.3.1 登場。
iPhone
本日調剤電卓v1.3.1のアップデートをリリースすることができました。 前回のアップデートが2月なので半年も開いてしまいましたが、お待ちいた...