macOSにて画面やウィンドウのスクリーンショットを取る際にデフォルトでは外枠にドロップシャドウ(影)が付いています。場合によっては影が不要な場合があります。2つの方法で影を削除してスクリーンショットを撮ることができるようになります。

スポンサーリンク

スクリーンショットを撮る方法

マウスカーソルも含めてスクリーンショットを撮る方法 (Mac)

こちらの記事にスクリーンショットを撮る方法をまとめて記載しています。

スポンサーリンク

コマンドライン上で設定を変更する

ターミナルにて以下のコマンドを入力し実行(returnを押す)します。

$ defaults write com.apple.screencapture disable-shadow -boolean true
$ killall SystemUIServer

以上で以後撮るスクリーンショットに影は付かなくなります。

ウィンドウのスクリーンショット。影なし

ウィンドウのスクリーンショット。影なし

 

$ defaults write com.apple.screencapture disable-shadow -boolean false
$ killall SystemUIServer

元に戻したいときはこちらのコマンドを実行します。

ウィンドウのスクリーンショット。影あり

ウィンドウのスクリーンショット。影あり

スポンサーリンク

Optionを押しながら撮影

Optionキーを押しながらウィンドウのスクリーンショットを撮影することでも影を消すことができます。コマンドライン上の設定とか解らないし!!!という方にはオススメです。

Command + Shift + 4 → Space (ウィンドウ選択画面) → Optionを押しながらクリック

まとめ

Optionクリックは最近まで知りませんでしたが、コマンドライン上で影を消すまでもない場合(日常、影が付いていても問題ない場合)には非常に便利に便利ですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事