■MacOSX 10.11 El Capitanでディスクのアクセス権を修復する方法

MacOSX 10.11からのディスクユーティリティからは『アクセス権の検証』及び『アクセス権の修復』ボタンが削除され、First Aidのみとなりました。では、アクセス権の検証や修復を行うためにはどうしたらよいか。実は、何もしなくて良くなりました。システムが自動的にアクセス権を修復してくれるようです。Apple.comのサポートページに下記の記載があります。

Beginning with OS X El Capitan, system file permissions are automatically protected. It's no longer necessary to verify or repair permissions with Disk Utility.
(和訳:OS X El Capitanからはファイルアクセス権の修復は自動的に守られます。ディスクユーティリティにてアクセス権の検証及び修復を行う必要はもうありません。)
--

Repair disk permissions with Disk Utility

このようにメンテナンスフリーになっていくのは正しい進化でしょうね。今後はMacの調子が悪い時にはまずは再起動を行うこと、そしてFirstAidを行うことと、セーフモードで起動することで様々なキャッシュファイルを消去すること、PRAMリセットやSMCリセットを行うことくらいしでしょうか。メンテナンス用のOnyXなどのソフトウェアを使うとある程度楽だと思います。

コメントを残す

Apple, Mac, Tipsの関連記事
  • 緊急速報(ミサイルJアラート、アラーム)が鳴らない?iPhoneでの設定方法!
  • Xcode 9の新機能
    【速報】Xcode9が発表!新機能のまとめ!
  • clips
    新しい動画作成アプリClips(クリップス)の価格と対応機種について
  • iOS10普及率
    iOS 10の提供開始から約一ヶ月、iOS10はどこまで普及した?
  • ベストセラー作品『絶対使える医療系iPadアプリ300』の続編を出版します!
    『絶対使える医療系iPadアプリ300』の続編を皆の力で出版しよう!
  • iOSアプリの開発環境を整えようPART2
    iPhoneアプリの開発環境を整えよう:PART2

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
日常
あけましておめでとうございます。みなさま新年はいかがお過ごしでしょうか。寝正月の方もいれば通常運転のかたもいると思います。今年もよろしくお願...