iOSアプリデバッグ EXEC_BAD_ACCESSの原因探索を行い易くする方法

うわ、またEXEC_BAD_ACCESSで強制終了…

iPhoneアプリの開発中に(その他はわかりませんが)よく出てくるこのエラー、EXEC_BAD_ACCESSですが、デフォルトの状態でデバッグコンソールを見ても、どこでエラーっているのか見当も付きませんよね。

そこで、そのデバッグコンソールを少しでも見やすくするようにする工夫です。詳しくはググるとかなり情報がありますので詳しくは書きませんが、自分はこの設定をよく忘れるので忘備録を兼ねて必要なところだけ書きました。

XCodeの「プロジェクト」→「アクティブな実行可能ファイル”hogehoge”を編集」

引数タブに次の値を入力。

「起動時に渡される引数:」には「-NSBindingDebugLogLevel 1」

「環境に設定される変数:」には「NSDebugEnabled」と「NSZombieEnabled」を設定し、両方共に値は「YES」とします。

実際に設定した画面を示しておきます。
デバッグオプション入力済み画面

上記の設定で、少なくともどのファイルで、どこでクラッシュしているかはわかるようになるので、プロジェクトを作成したら直ぐにこのオプションを設定しておくことをおすすめします。

[ad#Adsense_blog.guttyo.jp_Post_bottom]

スポンサーリンク

フォローする