田村岩太郎商店(積丹町)のウニ丼とその他メニューや駐車場について!

「積丹(しゃこたん)の食といえばウニ丼!」

ウニ丼といえば田村岩太郎商店!」

これが最近の口癖となっているGuttyoです。

また今年も積丹のウニが美味しい時期がやってきました!!

実は、ウニが美味しい時期の存在をご存知でしょうか。

積丹のウニ漁が解禁されている期間は6月から8月なのですが、7月から8月のウニの実入りが多くて美味しいんですよね〜♪あと、一緒に出てくるお味噌汁もとても良い出汁が出ており最高です♪

今年も田村岩太郎商店に足を運び、舌鼓を打ってきましたので、レポートします!

ウニ丼やその他のメニュー、お店へのアクセス情報、駐車場などの周辺施設の情報もまとめていますので、田村岩太郎商店が気になる方は是非チェックしてみてください!

 

田村岩太郎商店とは

田村岩太郎商店カウンター席
田村岩太郎商店内部の様子 ウニ丼に使われるマスが見える。

田村岩太郎商店(たむらがんたろうしょうてん)は、北海道の積丹にある美国町(びくに町)にあるうに漁師直営のうに料理専門店で、新鮮なウニを自分で丼にすくって食べられる「朝うにぶっかけ丼」で有名なお店です。

田村岩太郎商店の行列

こちらは先日のお昼12時頃の様子を写した写真ですが、ご覧のように朝うにぶっかけ丼が終了した時間帯にも行列ができており、お店に入るまでに40分ほどかかりました。日差しを遮るための帽子や日傘を準備しておくことをお勧めします。

現在はテレビで紹介されたり、私がブログを書いたお陰(?笑)で人気店です。リピーター率も高いのではないでしょうか。少なくとも私の周りでは100%ですね。夏になるとバイクツーリングの目的ととして設定し、美味しいウニ料理を食べに行くを楽しみにしています(笑

 

メニューと価格

田村岩太郎商店はウニ料理専門店ではありますが、ウニの他にも海鮮丼あります。ウニ丼に負けない美味しさですのでぜひそちらもチェックしてみてくださいね。

価格も調査しましたが、2017年7月23日現在の価格ですので変動している可能性もあります。

ウニ丼メニュー

ウニ丼メニュー

海美王 The PREMIUM RED 価格:時価 (スタッフ問い合わせ)

このウニ丼はとても貴重です。水揚げ量が紫ウニの約10分の1である赤ウニと呼ばれるバフンウニが使用されています。赤ウニは紫ウニとはまた別の濃厚な味わいがあるとされ、ウニ好きな食通をも魅了するようです。

大変希少であり、毎日あるとは限らないメニューですので、食べられるかどうかはすべて運にかかっています。運試しとしてチャレンジしてみるのも面白いかもしれませんね!笑

私は未だ見たことがありません。(といっても年に3回程度の来店ですが。)

 

海美王 The PREMIUM 価格:時価 (3,900円)

毎日、積丹の100人以上いるウニ漁師たちによるウニのせりが行われているようです。そのせりの中で「大きさ」「色」「形」「量」のどれもが最高品質であるウニが海美王(かいびおう)と呼ばれます。

田村岩太郎商店の海美王 The Premiumはそのウニを競り落とせたときのみの提供です。海美王 The Premium REDよりは巡り合う可能性は高いとお思いますが、いつも食べられるウニではありませんので、有ったらラッキーですね!

 

生ウニ丼 価格:時価 (3,600円)

ウニ丼メニュー2

積丹産の塩水ウニをふんだんに使用した生ウニ丼です。このウニ丼は田村岩太郎商店ではぜひ一度食べてほしいウニ丼の一つです!間違いなく他のウニ丼屋とウニの新鮮さが異なります。

塩水ウニとは、型崩れ防止のためにミョウバンを使わず海水と同じ塩分濃度の塩水で保存されている生ウニで、ミョウバン特有の苦味や臭みがありません。

醤油も不要なくらい塩味が十分に効いているので、そのままご飯と一緒にパクッと食べれてしまいます!

名物の朝うにぶっかけ丼が売り切れてしまっていても、この生ウニ丼があれば十分に満足して帰ることができると思いますのでぜひ一度食べてみて下さい。

朝うにぶっかけ丼 価格:時価 (4,000円)

朝うにぶっかけ丼

おまたせいたしました、田村岩太郎商店の看板メニューと言っても過言ではないメニューの朝うにぶっかけ丼です。

海水でサッと洗っただけの新鮮な状態の高級ウニを自分ですくってご飯にぶっかける

朝うにぶっかけ丼(2015年)
2015年の朝うにぶっかけ丼の様子。当時は3500円でした。

という孤高のエクスペリエンス丼。これはぜひ一度体験してほしいです。過去にぶっかけを体験してきたので、写真を載せておきますね!

朝うにぶっかけ丼

小女子丼メニュー

ウニ丼メニューもとても美味しいのですが、田村岩太郎商店のリピーターとしては海鮮丼を強くお勧めします!

なぜなら!

海鮮丼のベースになっているシラスに似た小魚である小女子(こなご)という魚が美味しいんです!積丹の地元の漁師ですら小女子を食べるのが年に一度の楽しみだとか!

特に海鮮前浜ヤン衆丼は、釜揚した小女子をご飯の上に敷いて、その上に朝捕れ新鮮魚介3種を盛った豪勢な丼です。もちろんウニも乗っていますよ♪

ウニだけではなく一度に積丹の旬を味わうなら迷わず海鮮前浜ヤン衆丼ですよ♪

小女子丼 価格:1,200円

海鮮丼のベースとなる小女子丼です。これだけでも十分美味しいですが、ぜひここは欲を出してトッピングをしていきましょう!

小女子 イカ 価格:1,700円

小女子丼にイカがトッピングされて乗っています。

小女子 海老 価格:1,800円

小女子丼に海老がトッピングされて乗っています。

小女子 うに 価格:2,500円

小女子丼にうにがトッピングされて乗っています。さすがうにがトッピングされているだけありますね、価格が急上昇です(笑

小女子 イカ 海老 価格:2,000円

小女子丼にイカと海老がトッピングされて乗っています。

小女子 イカ うに 価格:2,600円

小女子丼にイカとうにがトッピングされて乗っています。100円でイカをトッピングできたことになりますね♪

小女子 海老 うに 価格:2,700円

小女子丼に海老とうにがトッピングされて乗っています。200円で海老をトッピングできたことになりますね♪

海鮮前浜ヤン衆丼 価格:2,800円

小女子丼+イカ+海老+うに=海鮮前浜ヤン衆丼です。

うに丼のあとはぜひ一度こちらの海鮮丼も食べていただきたい!(お店の人かっ!笑)

うに丼も十分に美味しいのですが、この海鮮前浜ヤン衆丼も様々な新鮮魚介を食べることができるため非常に満足すること間違いなしです!

 

海鮮前浜ひらめ丼 価格:3,300円

海鮮前浜ひらめ丼

ひらめ、イカ、海老、ウニ、他(イクラ)など全4種類以上の魚介がてんこ盛りになった海鮮丼です。ぷりっぷりの食べごたえが美味しいひらめをベースに、海老、イクラ、ウニも豪華に盛り付けてある丼です。

個人的には海鮮前浜ヤン衆丼よりもホーンの少しだけこちらのほうが好きです!

結局両方頼んで食べちゃうんですけどね♪

宝丼 価格:9,000円〜10,000円

なんと1日5食限定の幻丼です!

まぐろ大トロ、ウニ。これ以上の贅を極めた海鮮丼は他にあるまい・・・

一度食べてみたいなぁ。。

極丼 (きわめどん) 価格:4,500円

こちらはお肉+ウニ、とちょっと変わった組み合わせの丼です!

使っているお肉は
A5ランクの平取和牛の冷静サーロインのローストビーフとこのと。

なんだそりゃ?うまそう!笑

そして、積丹美国産のウニが織りなすハーモニーはまさに珠玉の逸品とのこと!

極丼という名前の通り、お肉もウニも極められたレベルのものを使用されているようですね。

書いているだけでヨダレが出てきます・・・・うう・食べたい!笑
しかしながらいつも存在するわけではないため、極めて貴重と考えてもいいでしょう。

 

お味噌汁 価格:なし

お味噌汁も超うまい!

隠れた名物、味噌汁です!

田村岩太郎商店の料理を引き立てる名脇役と言っても過言では無いです!

カニや海老などの出汁がとても美味しいのでウニ丼や海鮮丼に引けを取らず美味しいです!
100円はらっておかわりをしたいくらい!

お味噌汁の器も個性的でとても可愛いくて好きです♪

お味噌汁の器

専用の醤油

選びぬいた醤油

極丼・ウニ丼用、ヒラメ丼用の醤油が準備してあり、若干味が異なりました。どちらもしっかりと醤油の香りがしているため少量から使っていくことをオススメ致します!

ウニ丼に関しては醤油はほぼ不要なので、たくさん食べすぎて「飽きてきたら」かけても良いかもしれませんね!う〜ん、贅沢ぅ〜〜!

営業時間やアクセス方法そして駐車場情報について

田村岩太郎商店の詳細な場所やアクセス方法、周囲の駐車場情報についてご紹介します。
なお、この情報は変更される場合もありますので、ページ下部の公式Facebookなどで営業状況をご確認下さい。

場所・営業時間

住所:北海道積丹郡積丹町美国町船澗132-1

営業時期:5月〜10月頃 (うには6~8月頃)

営業時間:10:00〜15:00 ※変動の可能性あり

アクセス:自家用車、バス

渋滞の具合にもよりますが、札幌から自家用車で高速に乗ると2時間、下道で行くと3時間弱かかります。詳細な道のりと、積丹までのバスに関しては以前書いておりますので下記の記事を参考にしてください。

田村岩太郎商店へのアクセスについて(記事真ん中付近)

専用駐車場:3ヶ所あり

駐車場

田村岩太郎商店には駐車場が4箇所あります。十分な広さがあるため、そちらをしっかりと使いましょう!

  • お店の目の前(12台程度)と横(3〜4台程度)
  • お店の前の路地を10m程度進んだ右側(パネルには表示ないが存在は確認)(6台程度)
  • 積丹観光せんたぁの町営無料駐車場(徒歩2分くらい)(台数未確認)

お店の前の道の駐車場

決して違法駐車をしないようにしてくださいね。

 

円山教授 (姉妹店) では、浜カレーがオススメ!

円山教授

積丹のウニ漁は8月いっぱいで終了してしまい、美味しいうにはまた来年に持ち越しです。しかし、まだ美味しいお店がありますので紹介いたします!

田村岩太郎商店の姉妹店である円山教授をご存知でしょうか。
姉妹店でありながら、海鮮ではなくカレー専門店です。

以外ですよね、うにどんなどの海鮮専門店がカレー専門店を出している??と。

実はもともと田村岩太郎商店がウニ漁が解禁されるまでの5月、9月〜10月にはカレーが提供されていました。それも、激ウマの。

その名も「極上海鮮浜カレーホットエビオイルソース」。このブログでも何度か取り上げています。

特製ホットエビオイルソース付きの極上浜カレーがオススメ。カリカリもかけて食べてみよう!
特製ホットエビオイルソース付きの極上浜カレーがオススメ。カリカリもかけて食べてみよう!

写真は2016年のものです。

ウニ丼に引けを取らない極上な浜カレーなので激ウマです。

本当に美味しいカレーでしたので田村岩太郎商店のお店の人と「札幌にカレー屋さんとして来てよ〜」なんてお話をするくらい。

そしたら、2016年の12月に札幌にやって来ました。

円山教授の場所と営業時間

場所:北海道札幌市中央区南4条西21丁目1-27第5藤栄ビル

営業時間

月、火、木~日、祝日、祝前日: 11:00~15:00 (料理L.O. 15:00 ドリンクL.O. 15:00)
17:30~21:00 (料理L.O. 21:00 ドリンクL.O. 21:00)

円山教授へのアクセス

地下鉄が便利です。

「東西線」で「西18丁目」もしくは「円山公園前」駅で降りると良いでしょう。
駅から徒歩8分程度で到着します!

オトクなクーポンやチケット

積丹の田村岩太郎商店に行くと円山教授のドリンク無料クーポンが店頭に置いてありました。

現在も配布されているかはわかりませんが、8月中に田村岩太郎商店に足を運べる方はチェックしてみてくださいね!

まとめ

今年も田村岩太郎商店について食レポついでにまとめてみましたがいかがだったでしょうか。

田村岩太郎商店はウニ丼を確実に食べたいなら、6~7月がオススメと言っていました。
8月には台風が来る可能性が高く、ウニ漁に出られない場合があるからとのこと。

幸い、2017年の8月もわずかとなりましたが、今のところ台風が進行中ではありませんね。8月最後の週末は積丹へ足を運んでみてはどうでしょうか!

万が一の休業なども考慮し、予め田村岩太郎商店のFacebookページのチェックをオススメいたします。

田村岩太郎商店Facebookページ

 

では最後に、私のおすすめ積丹ルートの紹介です!

田村岩太郎商店(海鮮前浜ヤン衆丼)➡神威岬(ソフトクリーム)➡余市(ウイスキー博物館)➡小樽(小樽運河夜景)

です!

 

最後までお読みいただき、誠にありがとうございました!